太陽光発電 デメリット

太陽光発電おすすめの一括見積りサイト

■太陽光発電の見積もり比較といえばタイナビ!
タイナビ公式サイト
利用者数100万人突破!登録企業数No.1!全国対応で利用者満足度91.2%!

 

 

■法人、産業用の太陽光発電はタイナビNEXTへタイナビネクスト公式サイト
産業用太陽光発電の実績のある企業のみ登録!独自の審査基準をクリアした優良企業のみ紹介!

 

 

■タイナビが提携していない業者へも見積もりたい方はパネイルへ

見積もり依頼後に設置前チェックシート配布中。タイナビが提携していない業者とも提携しているので、タイナビと合わせてのお見積りもおすすめ。

>>パネイル公式サイトで無料見積もりを申し込む<<

 
 

太陽光発電のデメリットを考察

わたしは、太陽光発電には疑問が残ります。まず、試算があやしいことです。何年後に減価償却できるのかははっきり言ってわからないはずです。その間に壊れたら、もちろん減価償却期間は先に伸びでしまいます。コンバーターは必ず必要なものですが、消耗品で取り替えるには10万円ぐらいかかって10年は持たないらしいです。屋根が痛むのもはやくて、もし太陽光を着けたがために家の寿命が短くなったら、それこそなんの意味もありません。あの太陽光パネルは相当重いはずです。たしか今はみんな軽量瓦を使用しているはずです。それはなぜかというと、重い瓦は家が早く痛むからです。軽量瓦をふいていて、太陽光パネルをのせて喜んでいるわけですから、なんとも言いようがありません。この先、次世代エネルギーがどんどん発達して電気料金が安くなるかもしれません。現に、電力会社の自由化の波が家庭レベルまで押し寄せてきました。各家庭レベルで発電できる電気の量なんてしれています。まとめて作って安く買ったほうが、結局は安くすむのだと思います。そしたら、また現在太陽光発電しているひとの減価償却の期間は先にのびるわけです。そして長くなるからトラブルも増える。今はまだ過渡期です。慎重になったほうがいいとおもいます。