2014年の動向

太陽光発電を2014年度に導入する場合、
どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

2014年4月からの新年度では、

1.消費税が8%になる
2.補助金の金額に見直しが行われる。
3.固定売電価格の見直しが行われます。

以上を踏まえ、2014年に導入するメリットデメリットを考えてみましょう。

まず、

1.消費税が8%になる

に関して、
太陽光発電のシステムは金額が大きいため、
消費税だけを考えると、
5%のうちに(2013年度内に)購入してしまった方がお得だと考えられます。

2.補助金の金額に見直しが行われる。

補助金の金額も変動しています。
詳細は下記ページに詳しいです。

http://sumai.panasonic.jp/solar/subsidy_info.html

※国による補助金は、2014年3月31日で受付終了と発表されています。

3.固定売電価格の見直しが行われます。
固定買電価格に関しては、
2012年度の42円/kWhから2013年度は38円/kWhに価格が下げられています。
そして2014年度は34円、2015年度は30円という予定になっています。

以上を踏まえると、
なるべく早くの設置がお得そうです。

しかし、
システムの価格自体は下がっていく傾向にもありますので、
一概に早く設置すればお得とも言えません。

結局のところ、
それぞれの建物や設置場所等の条件によっても変わってきますので、
まずは一度見積もりを依頼することがベストです。