太陽光発電 メリット デメリット シャープ

太陽光発電おすすめの一括見積りサイト

■太陽光発電の見積もり比較といえばタイナビ!
タイナビ公式サイト
利用者数100万人突破!登録企業数No.1!全国対応で利用者満足度91.2%!

 

 

■法人、産業用の太陽光発電はタイナビNEXTへタイナビネクスト公式サイト
産業用太陽光発電の実績のある企業のみ登録!独自の審査基準をクリアした優良企業のみ紹介!

 

 

■タイナビが提携していない業者へも見積もりたい方はパネイルへ

見積もり依頼後に設置前チェックシート配布中。タイナビが提携していない業者とも提携しているので、タイナビと合わせてのお見積りもおすすめ。

>>パネイル公式サイトで無料見積もりを申し込む<<

 
 

太陽光発電についての考察

以前からエコに関して社会で推奨する動きがありましたが、震災以降さらにそうした動きが本格化したように感じます。
そこで新しいエネルギー源としての太陽光発電について考えてみました。

結論からいうと、その家の屋根の形態、経済状況、日射量、生活スタイル(日中家にいるかどうか)、居住地域の晴天率、など細かな状況によって大きく左右されるものだということがいえると思います。

エコへの意識が高く、経済的に余裕があり、採算度外視でもよい、とするならば、いかなる条件であっても、家屋の屋根がパネル設置可能であれば問題ないでしょう。
しかし、そういう家はほとんどなく、やはり初期投資額とメンテナンスや修理費用と売電価格を鑑みたうえで、最低でも元がとれるくらいの状況でないと、太陽光発電に踏み切るのは難しいのが現状だと思います。

まず家が持ち家で、屋根にパネルが設置可能で、居住地域の晴天率が高く、自宅の日射量が多く、日中家にいることの多い家であれば、早めに設置すればするほど得になるかもしれません。ただ夜は発電せず、雨や曇りの日は発電量が少量になってしまうので、太陽光発電一本ですべてのエネルギーを賄うことはできません。

もし太陽光発電を導入する場合には、日中に発電した電力を売り、その料金で夜の電力を買う、といったバランスがとれる条件が自宅に整っているかどうか、多面的な視野で検討する必要がありそうです。